リュックサックを洗濯してみようと思います。

洗い方は手洗いと洗濯機と2種類あって、どちらを選ぶかは好みによると思うんですが、

ぼくは手洗いするのがおすすめかなと思います。

そっちの方が、リュックが長持ちしますし、型崩れなどのデメリットが発生しづらいという所が大きいですね。

スポンサードリンク

洗濯機でリュックを洗う前の準備

どこかにタグがあると思うんですが、ここに水NGか書いてあると洗えない素材がどこかにあると思います。

その素材を取り外して洗ったりしていきましょう。

  • 晴れ
  • バックの中身を空にする
  • 取り外せる付属品は外す
  • 中性洗剤(エマールか食器洗剤でも可)
  • 仕上げ用のタオル

バックを洗う時には、しっかりと乾かしたいので天気は晴れであるのは絶対です。

そうじゃないと、バックのスポンジの所がしっかりと乾燥できなくて、生乾き臭が出てきちゃうようになるので絶対です。

洗濯をする前には、バックの中身を全部出してしまいます、ポケットの中とか入れ忘れているものとか多いので、しっかりと全部のポケットをチェックして空にしましょう。

洗濯の時に使うのは、エマールかなければ中性洗剤でも大丈夫です。エマールはそんな高くないので準備出来ればしておきたいですね。

洗い終わった時に、リュックを拭く時に使うタオルも必要です、リュックのスポンジ部分の水をしっかりと抜く事が出来るので、乾きがかなり早くなります。

あれば良い道具

  • バケツ(手洗いの時用)
  • 防水スプレー

手洗いの時には、バケツがあればかなり便利です、お風呂で洗えば必要ないですが、洗濯機を桶代わりに洗った時には洗濯機からお風呂まで移動する時に使えます。

なければビニール袋でも全然Okです。

バックをキレイに洗った後には、防水スプレーをしておくと汚れが付きづらいですし、長持ちにもなるのでしっかりと乾いた後に防水スプレーをしておきましょう。

防水スプレーはAmazonでも人気のこれが使いやすくおすすめです。

スポンサードリンク

リュックの洗い方(洗濯機)の注意点

洗濯機で洗うとかなり楽ちんになるんですが、ちょっとだけ注意点があります。

  • 型崩れの可能性
  • 脱水によって素材が悪くなる
  • 部品が壊れる
  • 接着シール等が剥がれてしまう

脱水の時に、ぐるぐると回る時に型崩れしたり、ビニール素材を使ってある場合には、素材自体が悪くなる可能性が出てきます。

洗濯機内部にガチャガチャと当たる事で、部品などが割れたり壊れたりする可能性も出てきます。

リュックにあるメーカーロゴが、簡単な接着だった場合には外れる事もありえます、ぬるま湯までは大丈夫ですが熱すぎると粘着が弱まって外れます。

これらの注意点を見て、洗濯機を使うか、手洗いにするか考えていきましょう。

洗濯機での洗い方

バックを内側と外側を裏返しにします。

そしてバックが入る洗濯ネットに入れます。

そのまま「デリケートコース」「手洗いコース」「ドライコース」「弱洗いコース」などの、コースを選択して、洗剤を入れて洗います。

洗い終わったら、洗濯ネットから出して裏返しを戻してから、乾いたタオルで型を整えながら、全体的に拭いていきます。

この時に、背中になる部分のスポンジの所は水を含んでいるので、しっかりと水分を抜いておくのがポイントです。

リュックの洗い方(手洗い)

リュックが入るようなサイズの、バケツかお風呂の湯船を用意します、手軽なのは洗濯機でした。

洗濯機に一番少ない水量で水を溜めて(21リットル)いきます、そこにエマールを入れてかき混ぜていきました。

その中にリュックを漬けていきます、全体的にリュックが浸かったら押し込むように洗っていきます。

ゴシゴシとは出来ないので、浮いている所をぎゅーっと押し込む感じですね、汗などが染み込んでいるであろう背中の部分はもみ洗いをしていきます。

全体的に洗ったら水が汚れてきます。
(想像以上に汚かったw)

軽く水を切ってから、お風呂などでシャワーを書けながらすすいでいきます、水を張って押し込みながらすすぐ事でしっかりとすすげます。

ぼくは全体的にサーッとシャワーですすいでから、背中のスポンジの部分をしっかりとすすぐようにしていきました。

すすぎが終わったら、全体的に軽く水を切ってから、タオルで型を整えながら拭いていきます。

めんどくさがりでしっかりと晴れている日なら、このタオルで拭くのは省いても大丈夫そうです、型だけ整えていきましょう。

リュックを乾かし方

洗い終わったらリュックの型を整えて、物干し竿に上下逆にして干していきます。

上下逆の方が乾くのが早いですし、開ける事が出来るチャックは開けてから、空気が通りやすくするとより早く乾きます。

そして斜めだと内部に水が溜まってしまうので、できるだけ上下が真逆になるように干すのがいいですね。

乾燥後に防水スプレーでキレイさを持続

リュックが乾燥しおわったら全体的に防水スプレーをかけておくのがおすすめです。

理由は雨を弾くのはもちろんですが、ホコリなども付着しずらくなるので、キレイさを維持出来るようになるんです。

気持ち多めにしっかりと塗っておくのがポイントです。

スポンサードリンク

めんどくさがり屋の人はこちら

洗うのは結構面倒なんで、めんどくさがり屋のひとはこれらも試してみてはどうでしょうか?

色々な匂いに強いファブリーズです、汗の匂いも取ってくれます。もしこれでダメなら洗うしか無いという最終兵器です。

リュックを洗った結果 まとめ

洗う時間だけだと準備とかを入れても20分位でした、しっかりと干したかったのでお昼から夕方くらいまで干していました。

結果は全体的にさっぱりとキレイになりましたし、匂いが出てきていたんですが匂いは無くなりました。

特に難しい事も無かったので、この程度なら汗をよくかく夏に使い終わったら、毎回洗おうかなとも思いましたね。

ちゃんとキレイにしておく事で、バックは長持ちもするのでちゃんとメンテしておきたいですね。