エアコンからぷーんと臭い匂いがしてきます。

酸っぱいような匂いだったり、
カビの臭い匂いがよくあるエアコンの匂いです。

すぐに匂いを取りたいと思いますので、
まずは自分で出来る方法で臭い取りをやってみて、
ダメだった時にはハウスクリーニングなどを考えていくのがいいでしょう。

スポンサードリンク

エアコンの酸っぱい匂いの原因

エアコンから酸っぱい匂いがする原因は、
内部で菌が発生しており、
その菌と結露などの水分が合わさって酸っぱい匂いとなっている事でしょう。

うちのエアコンの場合は、
スイッチを切った後の送風時や、
送風モードの時に酸っぱい匂いがしてきていました。

スポンサードリンク

エアコンのカビ臭の原因

これはそのまんまカビが内部で発生しています。

中の空気を送り出すファンやから、
送風口にカビが繁殖している事が多くあります。

エアコンの匂いを取り除く掃除方法

酸っぱい匂いはフィンを掃除

酸っぱい匂いが出て来るのは、
エアコンの前面を開けてフィルターを外すと見えてくる、
アルミ(銀色)のフィンの所を掃除する必要があります。

これは結構簡単で、
そのフィンに専用の洗剤を吹きかけるだけでOKです。

掃除が終わったらしっかりと乾かすようにしましょう。

はじめての人でも簡単に出来ます。

カビ臭はエアコン全部を掃除

カビ臭が出てきている場合には、
内部のフィンの掃除をしないといけません。

酸っぱい匂いの時と比べてちょっと手間がかかります、
ぼくがはじめてやった時には3時間くらいかかりました。

詳しい解説は別の記事でしていますので、
やってみようと思う人はチェックしてみてください。

【徹底解説】エアコン内部の清掃(メンテナンス)を失敗せず自分でやる方法

掃除の後に使えば効果的なグッズ

掃除が終わったらそれだけでOKなんですが、
匂いの発生を抑えるグッズを使えばより匂いを抑える事が出来ます。

一度掃除してみたけど匂いが出て来るような時に使えばいいでしょう。

まとめ

自分でエアコンの掃除をやってみて
数日エアコンを今までように使ってみましょう。

それで匂いが出てこなかったらバッチリです!

もし匂いが取れなかった場合には、
掃除業者にエアコン内部の清掃をしてもらいましょう。

ワンルームのエアコンだったら、
色々と料金を込みで7000円くらいでやってくれます。

専門の機械を使って素人には出来ない所まで掃除してくれるので、
酸っぱい匂いの元や、カビをしっかり取り除くことが可能です。

地域によってはもっと安い業者さんもいるので、
無料の料金比較サービスでサクッと見積もりを取るといいかもしれませんね。

エアコン業者の無料比較サービスをみてみる