どうも、ヒザがしゃがむと痛くて病院へ行ったのですが、軟骨がすり減っていて水が溜まりだしているからしゃがむと痛くなるみたい、という事で痛み止め&鎮痛剤である「ロキソニン」とシップを処方されて終わりました。

これって原因から改善している訳じゃなくて表面的に薬で治しているだけなんで、ロキソニンを飲むをやめたらまた痛くなってきますしずっと薬を飲み続けるのは勿体無いですよね。それなら根本的に何か改善をする事で薬を飲み続ける事は無くなりますし、ヒザに気を使った面倒くさい生活ともオサラバですよね。

注射で水を抜く事も出来るんですが、抜いてもまた溜まりますし抜いた後にヒアルロン酸を注射するんですがこれが高い!ベストは毎週の注射なんですがお金的にも高いですし、そもそも毎週病院へ行くのが面倒です。

って事で、ぼくのような症状の人(病名忘れた、、、)のヒザの痛みを減らしていき改善する為に色々と調べてみた事と実際にやってみている事を解説していきます。

調べた結果ではヒザの痛さは改善出来そうだなと思います。

ヒザが痛い原因と解消方法

  • ヒザの関節軟骨(グルコサミンの所)が減っている
  • 水が溜まっていて刺激している

ぼくの場合はこの2つが原因でしゃがむとヒザが痛くなってきているようでした。これらを根本的に解消していかないと改善はされないです、それなのでこれらの原因を解消する方法を調べました。

ヒザ関節の軟骨が減る事への対策

これはヒザに負担がかかる事によって痛みます、それなのでヒザに負担をかけない事が大切です。でも普通に生活している中でヒザへの負担をしないようにするのはかなり大変です。そして日々負担をかけないような生活をしても原因の解消には繋がりません。

ヒザへの負担を下げるにはサポーターを利用するといいのですが、ずっとサポーターを使う事になりますので違うかなと思います。それでもいいんですが夏場も使っていないといけないしファッションも選ぶ事でしょう。

太ももの筋肉を鍛える事によってヒザへの負担が減るんです。それなので太ももをコツコツと鍛える事とストレッチを行って柔軟に動くようにしておく事でクッションの役割も果たしてくれるようになるんです。

太もものストレッチと筋トレをする事が一つ大切な事になります。

もう一つは、軟骨の原料であるコンドロイチンなどを摂取出来るようにする事です。今の食事で軟骨を作る成分を摂取出来ていないという事なのでサプリメントなどを利用してきっちりと補っていく必要が出てきます。これは筋トレとかを行っても全然改善がみられないようなら取り入れるという程度で最初はいいと思いますよ。

ヒザの水を排出する

ヒザに溜まっている水は基本的に勝手に吸収されて排出されるそうです。しかし水が溜まるスピードの方が早いと段々溜まってきてパンパンになるので注射などをして水を抜く行為が必要になってくるんです。

これは代謝が関係してきまして、歳を取るにつれて段々んと水が溜まるスピードの方が上回って来ます。

ぼくの場合はまだその段階まで行っていなくて、自然と水が排出される状態なので今の内に太ももの筋肉をしっかりと付けておく事で代謝しやすくもなってくるそうなんです。

太もものトレーニング方法

このヒザが痛い原因を根本から改善しようとしたらまずは太ももの筋トレとストレッチから初めていくのが一番いいでしょう。

筋トレでは筋肉の量を増やして、ストレッチでは筋肉の柔軟性を上げていきますので両方のトレーニングが必要になってきます。

よくスポーツなどで「しっかりとストレッチしてから試合をする事で怪我を防げる」という事を聞きませんか?これにはちゃんと意味があって、ストレッチをしていないと筋肉が固くて突然試合などという本気で身体を動かそうとする時に筋肉がついて行かずに怪我に繋がるのです。これがストレッチをしている事で防げるという事なんです。

これは今ヒザが痛い時にも言えまして、ちゃんとストレッチをしておく事でクッション性が上がる事でヒザへの負担が減ります。そして、筋トレで筋肉を付ける事でヒザを守ってくれるというイメージでOKです。

ダメなトレーニング

  • スクワット
  • ランニング

太ももを鍛えようと思ったらこの2つがパッと思い浮かんだんですが、どっちもヒザへの負担が大きいトレーニング方法なのでNGです。

ヒザが痛くない時にならやってもいいのかな?と思って聞いてみたんですがそれもNGでした、悪化して水がたまりやすくなったりする事が考えられるので、完全に痛くなくなるまでしない方がいいとの事でした。

おすすめのトレーニング

  • ウォーキング
  • ゴムチューブでのトレーニング

ウォーキングは負担をかけずにトレーニングと柔軟性の両方を出す為に良いそうです、そしてダイエット効果もありますので一石3鳥ですね。でも弱点があって毎日1時間くらいやるのを推奨されていました。毎日1時間って結構デカイですよね中々出来ない事かなと思いますしツライですよね、服装とか準備も必要になってくるんでトータルで1時間半くらいは必要かも。

それなのでゴムチューブを使ったトレーニングをおすすめします、ゴムチューブ自体はAmazonで1000円もしない位で販売されているんでヒザが治ると思えば安い方でしょう。毎日10分程度でOKってのも続けやすいポイントです。

ぼくが使っているのはアルインコのゴムチューブです。シリコンなので臭いにおいはなくて端っこが輪っかになっているんで使いやすいです。硬さが3種類あって男性なら「ミディアム」か「ハード」、女性なら「ソフト」がいいでしょう。

具体的には太ももが鍛えられていると思えるような使いかたをするのがいいんでYouTubeで実際に見てください。

脚をグイっと後ろに伸ばしている時に鍛えられていますね。

ストレッチ方法

ベストなのは身体がほぐれているお風呂あがりです。

筋トレが厳しい人でもストレッチは毎日しっかりとやっていくようにしていきましょう。

このような感じで太ももをストレッチさせていきましょう。筋トレの前後にやるのがいいそうなんですが、面倒な方は前だけでもOKだそうです。

こっちがヒザが痛い人向けに作られている動画です。全部そんなに難しい事じゃないのでこちらもしっかりとやっていきましょう。

まとめ

このトレーニングとストレッチを毎日しっかりと行って行く事で段々とヒザの痛みが減ってきて、改善されていく事でしょう。

それなので1ヶ月はちょっと長いかもですがしっかりとトレーニングしていくようにしましょう。筋トレとストレッチの両方が厳しい人ならストレッチだけでも大丈夫なので「毎日続けていく」事を目標に頑張ってください。たまにやる程度だったら全然改善される事無いでしょうし、ちょっとでもいいから毎日しっかりやっていきましょう。

もし1ヶ月やってみてもダメなら膝関節の生成を助けるコンドロイチンのサプリメントを飲もうかなと思っています、コンドロイチンのサプリメントはドラッグストアで見てきたのですが色々と必要なのかわからない成分が入っているもので1ヶ月5000円位かかる計算でした、そんな高いものは続ける事が出来ないので必要な成分だけを入れてあって安いサプリメントを探したらありました。

「イタドリ」

サプリメントで、一ヶ月2000円ですし最初30日飲んでダメなら全額返金してくれるのでまずはお試ししてみるのもアリだなと思っています。気になる人はサイトをチェックしてみてください。

イタドリ公式サイト